宮城県司法書士会
文字を大きくする文字を小さくする
宮城県司法書士会会長 齋藤利美
会長のごあいさつ

司法書士会のホームページへようこそ。
宮城県司法書士会は、約300人の会員を有し、会員一人一人が各地域で市民の皆様のお役にたてるよう活動しています。
1872(明治5)年 代言人・代書人・証書人制度が誕生し、司法書士はこの代書人の制度を引き継いで今日に至っており、約140年の歴史をもっています。 司法書士は、不動産の売買・相続・贈与による登記や会社法・各種法人法に基づく登記、またこれらの手続きに関する相談を中心に市民の方々から依頼を受けており、平成14年からは、140万円以下の民事事件に関する代理権が業務に加わりましたので、簡易裁判所における法廷活動や裁判外における和解の代理を行っています。
さらに、司法書士は、成年後見業務にも力を入れています。ちなみに全国の家庭裁判所における成年後見人等の選任については、親族による後見人を除けば司法書士の選任数は全国トップです。それだけ信頼をいただいている結果と思います。特に震災後においては、未成年者の後見人として活動を行うことが多くなっており、今後は行方不明の方の財産管理人や相続に関する財産管理人としての活動も期待されているところです。
私たちは、市民の身近な法律家として歩んで来ました。今後も、市民の皆様にとって役立ち・助けになる存在として、市民の皆様と共に歩み続けたいと思っています。
まずは、司法書士にご相談ください。

宮城県司法書士会会長 齋藤利美